〜041 的場の清水(しょうず)〜

Text & Photo by Y.Ohara

 
的場の清水

※現地に設置してある案内板より転載

天正6年(1578)天下統一の大志をいだく織田信長は、越中の豪族を授けて上杉勢を駆逐するため、部下の勇将斎藤新五を飛騨から越中につかわした。
新五は太田庄本郷に砦を築いて、常願寺川を渡る上杉勢に備えた。(舘の城とよんだ)
たまたま、新五のまな娘が皮膚病にかかり医薬の効果もないので、刀尾権現に祈願したところ、21日目の満願の夜、権現が重藤の弓・白羽の矢を携えて新五の枕元に現れ、丑寅の方角に射た矢を探して抜けば、薬水が湧き出て百病に効くと告げた。的場の老杉のもとにこんこんと湧く泉を発見し、これによって娘の病も治った。
刀尾権現の本地は不動明王であるといわれている。
平成14年 富山市

※(ページ管理者註:現在は枯れています。)


より大きな地図で pointmap を表示


ただいま [an error occurred while processing this directive]歩目です (page view since 2007.01.28)

[an error occurred while processing this directive]km 歩行中! ( 1 page view = 1歩 = 0.7m )

富山市ウオーキング協会について  富山市ウオーキング協会バナー・トップページに戻る  このサイトについて

©Copyright Toyama City Walking Association 2015
mail to webmaster@toyamawalker.com

Supported by 富山市体育協会バナー