〜057 升方城跡〜

Text & Photo by Y.Ohara

 
升方城

※現地に設置してある案内板より転載

升方城跡は松倉城の支城の一つで、標高二百三十メートルの城山山頂に築かれた山城である。
山頂部は平らな本丸があり、その下には本丸を取り巻く帯郭状の二の丸があり、二の丸は土塁、石垣で固められている。
さらにその下には、升方集落方面に三の丸、石の門方面には多数の空掘や土塁が設けられている。
升方城の城主は松倉城主椎名氏の家老小幡九郎と伝えられており、その後、佐々成政の家臣佐々新左衛門がこの城を守ったと伝えられている。
(平成六年三月 魚津市教育委員会)


より大きな地図で pointmap を表示


ただいま [an error occurred while processing this directive]歩目です (page view since 2007.01.28)

[an error occurred while processing this directive]km 歩行中! ( 1 page view = 1歩 = 0.7m )

富山市ウオーキング協会について  富山市ウオーキング協会バナー・トップページに戻る  このサイトについて

©Copyright Toyama City Walking Association 2015
mail to webmaster@toyamawalker.com

Supported by 富山市体育協会バナー